ステーキとテキーラと流れ星

最終更新: 2020年9月2日


コロナ禍で、抽選で当たったマラソン大会はことごとく中止。

オリンピックはまったく興味ないので中止でよかったのですが、地元の明石商業が甲子園に出場するはずだった高校野球の中止はとても残念でした。

撮影にも出かけることができず、家の中で映画を観たり本を読んだり。

Netflixで「仁義なき戦い」のシリーズをすべて観ましたが、菅原文太の凄さを改めて認識しました。

読書では「罪と罰」を再読しました。最初に読んだのが20代。まったく理解できませんでしたが、50代になってようやくドストエフスキーの深さが解るようになってきました。

それにしても異常に蒸し暑い夏の日々が続いていますが、8月中旬に涼しさを求めて高原キャンプへ家族で行ってきました。日中は暑いですが、朝夕はかなり涼しく気持ちよかったです。

運動不足解消のため、キャンプ場内にある登山口から兵庫県最高峰(1510m)の氷ノ山を登ってきました。

最初の登りがきつく、蒸し風呂状態の中で嫁さんがバテテしまい、二人分のリュックを背負い頂上までなんとか登りきりました。中学生の娘は元気です。澄ました顔してスイスイ登っていき、頂上で余裕の笑顔でカップラーメンを食べていました。

夜はステーキとテキーラで乾杯。ライムを添えたテキーラの炭酸割りは爽やかな清涼感で、夏の夜に最適です。

見上げれば満天の星空。夏の大三角と天の川がはっきり見え、流れ星が頻繁に流れ、娘と嫁さんが大興奮!


48回の閲覧

All images © copyright by haruto maeda