top of page

加賀百万石 金沢マラソン

秋晴れのもと、百万石の城下町を走ってきた。

10月28日大阪駅から特急サンダーバード23号に乗り北陸金沢へ。

ランナー受付を済ましホテルにチェックインしたあとで夕食。

ホテル裏の狭い路地に漂う赤い看板の灯りに誘われ行ってみると昭和レトロなホルモン焼き屋があった。

ハラミ、レバー、シロ、牛ホルモン、玉ねぎ、そして大盛りご飯を注文。

ここは当然ビールを注文したいところだが明日のマラソンのために我慢をしてウーロン茶にした。

しばらくしてからテーブルに置かれたご飯にビックリ。

大盛りだから量が多いのはわかるが、その盛り方が凄かった。

日本まんが昔話に登場するような、白米が茶碗の縁から10センチ以上もうず高く盛られていたのだ。

それを見たとなり席の中年カップルが思わず叫び、その声が狭い店内に響きわたった。

私も一瞬怯んだが、ホルモンの美味さにつられ完食。

あろうことか、さらにもう一杯お替りをして明日のエネルギーを十分に貯えたのだった。


翌早朝5時に起きてウォーミングアップをするつもりだったが、ラグビーワールドカップの決勝戦オールブラックス対南アを見入ってしまい、そのままマラソン会場へ。


結果はグロスタイムで5時間47分と何とか制限時間内に完走!

武家屋敷の紅葉、和太鼓や加賀友禅の着物姿など、城下町ならではの景色や応援がとても励みになったと思う。







閲覧数:25回
bottom of page